「つなぐ」は、大切な人を亡くされた方のための会です。

 

活動の一つとして、毎月2回の「分かち合いの会」を行っています。

 

 

大切な人が旅立ってしまったあなたの心は、様々な想いを抱えています。

 

あなたの想いを、安心してお話しください。

 

 

大切な人を亡くされた方でしたら、どなたでも参加は可能です。

(血縁の有無は問いません)

 

 

宗教とは関係ありません。

 

 

仮名での参加が可能です。

 

亡くなった方との関係も、理由も、話すかどうかは、ご自身で決められます。

 

他の方のお話を聴くだけでも大丈夫です。

 

 

秘密が厳守され、誰もが安心してご参加いただけるよう、いくつかのお約束を設けています。

 

 

昨今の社会状況を鑑みて、2022年3月までは、ZOOMによるオンラインにて「分かち合いの会」をおこなっていく予定です。

 

 

亡くなられた理由によって、会を分けて行っております。

 

◎毎月第3土曜日:病気・事故・災害等、様々な事情で大切な人を亡くされた方

 

◎毎月第4土曜日:自死で大切な人を亡くされた方

 ※スタッフも自死遺族のみです。

 

 

大切な人を見送った経験を持つ遺族であり、グリーフケア・アドバイザー(死別専門カウンセラー)の資格を保有するスタッフを中心に、会を運営しています。

 

 

誰にも否定されず、誰のことも否定しない。

 

ただ、想いを分かち合う。

 

 

「つなぐ」は、あなたと旅立った大切な人との絆を、そして分かち合える人との出会いを繋ぎます。

 

 

 

2019年11月、

「つなぐ」の行っている「分かち合いの会(遺族会)」の活動に対して、【浜松市の事業後援】をいただくことができました。

 

浜松市の後援をいただけたということは、

会の活動が営利目的ではなく、活動が市の施策方針に則っているか等の審査を受けて、

 

市にその活動の趣旨に賛同していただいた…ということになります。

 

大変ありがたく、嬉しく思っております。

 

 

 

また「つなぐ」は、

100%スタッフの持ち寄りによって運営されている、ボランティア団体です。

 

 

 

今後も分かち合いの会を重ねていくことで、

必要としてくださる方の居場所「つなぐ」であり続けられるよう、スタッフ一同、努力をして参ります。

 

 

あなたの心の準備ができた時に、「つなぐ」にいらしてください。

 

 

 

ブログはこちらです。